こちらのカテゴリーではラップ曲に出てくるような黒人英語(ブラックイングリシュ・エポネックス)を配信しています。

lawd

意味:
Lordと同じ意味、使い方をする。驚きや不満、楽しみなどを表す黒人英語。
lawd

発音:
ラァド

例:
Oh lawd, I can’t take this no mo’!(まったく! これ以上はごめんだぜ!)

下記はNxWorries (Anderson.Paak & Knxwledge)のYes Lawd!というアルバムから”Suede”という曲。Yes Lawd!というフレーズはサビに使われる。

画像ソース:giphy.com

irie

意味:
【順風満帆】
ジャマイカの地方の方言で、alrightを意味する言葉。英語としては、好ましいもの、素晴らしいもの、良い気分であること、全部上手くいっていることなどを表す。また、”OK”のように合意を意味することもある。

発音:
イリィ

例:
I’m feeling good and everything is irie.(調子は万全、何もかも順風満帆だ。)

irie
画像ソース:pinterest.com

下記はTy Dolla $ignとWiz Khalifaの「Irie」という曲。

sus

意味:
【怪しい】
suspect(容疑者)やsuspicious(怪しい)から来ている。不振である、怪しい、というような意味合い。又、ホモであることを隠している、若しくは、ホモっぽい意味合いもある。

発音:
サス

例:
I think Kevin might be hiding something from me, that kid is so sus.(Kevinのやつ何か隠してるんじゃないだろうか。あいつめっちゃ怪しいぜ。)

sus
画像ソース:giphy.com

dope

意味:
1. 形容詞として、ヒップホップ系統のスラング。クール、すげぇ、マジで神、などの意味。
例:What song is this? This is some dope stuff!(何この曲?ちょっとやばくない?)
dope

2. 名詞として、マリファナやヘロインといったドラッグのこと。
ドラッグを使う人を”dope fiend”といったりする。
dopingと言えば、アスリートの選手などが禁止されたパフォーマンス向上薬を用いること。ドーピング。
例1:Hey, don’t be smokin’ all my dope, that’s my last gram!(おい、俺のヤクを全部吸っちまうんじゃねぇぞ。それで最後なんだからな。)
例2:I drink, but I don’t do no dope yo!(酒は飲んだがドーピングはしてねぇよ。)

3. 名詞として、バカや間抜けのこと。
例:Don’t be a dope and wear a condom.(バカな奴にならないで、コンドームはつけて。)

発音:
ドゥプ

画像ソース:tumblr.com

boolin’

意味:
【つるんでいる】
coolin’やchillin’の別の言い方。これの意味は「(仲間などと)つるんでいる」ということ。おそらくは、BoysとCoolin’の合成語。
元々は、ロサンゼルスのストリートギャングであるthe Bloodsが用いていた。

発音:
ブーリン

例:
I’m just boolin’ with my blood gang.(別に、ただ家族くらい大事なやつらとつるんでるだけ。)

boolin'

画像ソース:tumblr.com

or nah

意味:
yesかnoの回答を引き出すための「否か」を意味するトレンディな表現。”or not”の代わりに用いられる。Ty Dolla $ignの曲、”Or Nah”が由来。ネット上の様々なミームにも使われる。or nawとスペルすることもある。

発音:
オゥナァ

例:
Are you coming to my party this weekend or nah??(今週末のパーティ来るんだったよね?)

下記はTy Dolla $ignの”Or Nah”

hyphy

意味:
【テンションぶち上げで】
(形容詞)オークランドのスラングで、異常活発(hyperactive)のこと。ただ、より厳密にはサンフランシスコ湾のあたりに関連するようなアーバンカルチャーや音楽に関連するようなもの。

hyphy
音楽としては、ざらざらするような、心臓に来るようなリズムが特徴で、その意味でクランク・ミュージック(ヒップホップ)は南アメリカおものとされることから、サンフランシスコ湾が連想される。get hyphyと言えば、大げさな動きで速いペースで踊っている状態のこと。to get hyphyは、to get crunkとほとんど同じ意味。オークランドのラッパー、Keak da Sneakによる造語。

発音:
ハイフィ

例:
Everybody was getting hyphy in the club Saturday night.(その土曜の夜のクラブでは、誰もがテンションぶち上げだった。)

画像ソース:rtvfthehyphymovement.tumblr.com

ghetto

意味:
1. 名詞。町中の貧困地域。特にスラム街で、マイノリティの人々が多く住み、犯罪が多発する地域のこと。アメリカのゲットーと言えば、南中央ロサンゼルス、コンプトン(ロサンゼルス)、ブルックリン、ブロンクス、ハーレム(全てニューヨーク)など。
例: Thomas was scared to park his car in the ghetto.(トーマスはゲットーに車を停めるのを怖がった。)
ghetto

2. 形容詞。都会的な・大都市的な、の意味。
例: Michael tried to act cool and gangster by talking all ghetto.(マイケルは都会的に振る舞って話すことで、格好をつけた不良っぽさを演出しようとした。)

3. 形容詞。貧しい・またはそういう生活をしている、の意味。
例: Your mom is so ghetto, she packs her purse full of food at all you can eat restaurants.(お前の母さん、凄く貧乏なんだろ。食べ放題レストランで食べ残したやつ、全部持ち帰ろうとしてるぜ。)

4. 形容詞。自家製(で、やけにチープで質も良くない)という意味。但し、ある種のリスペクトを感じさせるもの。
例: Ice attached to your fan? That’s a crazy ghetto air conditioner!(扇風機の風が来るところに氷を置いてあるのか?まさしくお手製のエアコンってわけか。)
ghetto

5. Ghetto bootyといえば、爆尻のこと。
例: Naomi has a nice round ghetto booty.(ナオミはいい、真ん丸い爆尻をしてる。)
ghetto

発音:
ゲドゥ

画像ソース:giphy.com

1738

意味:
ラッパーであるFetty Wapが、いくつかの曲(Trap Queenなど)において彼の仲間である「Remy Boyz 1738」を表すのに使う言葉。Remy Boyzの由来はRemy Martin 1738という、彼らが思う最高のコニャックで、Fettyもまた、自分の新しいレコードレーベルをそれにちなんでネーミングしようとしている。

発音:
セヴンティン サーティ エイト

例:
This 1738 is the most expensive liquor you can find in the hood.(この1738モノはこの辺りじゃあ一番高い酒だぜ。)

下記はFetty WapのTrap Queenという曲。

情報ソース(英語サイト):Urban Dictionary

badonkadonk

意味:
【ボン・キュッ・ボンな】
アフリカン・アメリカンな表現で、非常に曲線美がきれいなお尻のこと。この特徴を持つ女性は、通常ウエストがしまっていて、その分お尻が大きい。

発音:
バドンカドンク

例:
I came from looking at the bitch’s delicious badonkadonk.(あのビッチのボン・キュッ・ボンなカラダに見とれてた。)

備考:
badunkadunkというスペルでも可

badonkadonk
画像ソース:thalatinabooty.tumblr.com/

情報ソース(英語サイト):Urban Dictionary, Online Slang Dictionary