fag

意味:
1. イギリスのスラングでタバコのこと。
例: Can I bum a fag off you friend?(タバコを一本くれないか。)

2. ホモセクシャルの男性を表す言葉だが、嫌いな人に対して別称的に用いるのがメイン。faggotとも言われる。
例1: Shut up you dirty fag!(黙れホモ野郎!)
例2: Justin Bieber is such a faggot.(ジャスティンビーバー、マジむかつくぜ。)

発音:
ファグ

fag
画像ソース:giphy.com

ghosting

意味:
【ばったりと連絡が途絶える】
何の説明もなく一切の連絡を絶ち絶交するという残酷な手法。何度かデートした後で無視されるようになったり、セックスして親密な関係になったにも関わらず連絡がつかなくなるような場合のこと。

発音:
ゴースティング

例:
Jimmy ghosted that girl to avoid confrontation and to not hurt her feelings, but I think he ended up hurting her more this way.(ジミーはその女の子と会って傷つけないように一切の連絡を遮断したが、そうして結局は余計に彼女を傷つけたんじゃないかな。)

ghosting
画像ソース:tumblr.com

woot

意味:
YAY!やWoohoo!に似た間投詞で、嬉しさや興奮を表すのに使われる。大体は何かを成し遂げるようなときに手を挙げながら”woot woot”とお祝いする。w00t(0は数字のゼロ)というスペリングもある。
元々はゲーマーが使うのみだったが、すぐにネット上のチャットで誰もが使うようになった。
We Owned the Other Team、またはWonderful lootの頭字語とされ、エバークエストやドラゴンズアンドダンジョンズが発祥。

woot

発音:
ウゥート

例:
I just got to the highest level in the game, woot!!(いよいよ最高難易度に突入だ! 行くぜ!)

画像ソース:giphy.com

rip

意味:
1. R.I.P.は、 rest in peaceの頭字語。ご冥福をお祈りします、の意味。
例: RIP Biggie and Tupac.(Biggie and Tupacにご冥福を。)
このフレーズは、何かもの「さよなら」を言うために用いることもできる。
例: RIP to my car that I just crashed into a tree.(さよなら、木につっこんじまった我が愛車よ。)
RIP

2. 動詞として、CDやDVDのデータを別のディスクに抽出すること。リッピング。
例: Wanna watch some movies? I ripped a few new releases last night.(映画見る?昨日の夜、新作のやつをちょちょいっとリッピングしたんだ。)

3. 動詞として、take a ripやtake a bong ripと言えばマリファナを吸うこと。
例: Can I take a rip from your bong friend?(なぁ、お前の水キセルつかってマリファナ吸って良い?)

4. 動詞として、rip oneと言えばおならをすること。
例: Did you just rip one? It stinks man!(おい屁をこいたか? くせぇぞ。)

5. 名詞として、rip-offと言えば悪い取引、または詐欺のこと。高価すぎる商品のこと。ぼったくり。
例: 200 dollars for a plain white T-shirt that says Gucci on it? What a rip-off!(Gucciって書いてあるだけのただのシャツが200ドル? ぼったくりだろ!)

rip-offは何かの偽物の意味もある。
例: This Gucci shirt only costs ten dollars? It must be a rip-off.(このグッチのシャツがたったの10ドル? 紛い物だな。)

6. 動詞としてrip something offと言えば、何かを盗むこと。
例: You want some chocolate? I ripped it off at the store down the street.(チョコレートがいらない? 通りの店でちょっと拝借したんだ。)

画像ソース:giphy.com

no way

意味:
1. 驚きや感嘆、信じられない、といった気持ちを表す。wow!やreallly?と同義。
例: You’re pregnant? No way! Congratulations!(妊娠したって?わお!おめでとう!)

2. 不可能だ、ということを表す表現。拒否や断りの直接的な言い方。
例: You want me to drive you to your girlfriend’s house? Its three in the morning, no way!(彼女の家にお前を乗せてけって?朝の3時だぞ、やなこった。)

断るときの言い方として、 no way Joseというのもある。Joseとは人の名前だが、このフレーズはJose以外の名前の人にも同じように使える。おそらくは、no wayのリズムに合わせて用いられている。
no way Jose

画像ソース:giphy.com

subtweet

意味:
【空リプ】
ツイッターでの、直接的にメンションを飛ばしてはいないものの特定の人物に言及しているツイート。間接的にからかったり、批判したりしたものが多い。subliminalとtweetの合成語。

発音:
サブトゥイート

例:
Naomi didn’t include Kenji’s twitter handle when she tweeted about how stingy he is, but he ended up seeing the subtweet anyway.(ナオミは、ケンジがとてもケチであるということをツイートするときに@マークをつけなかったが、結局その空リプはケンジにばれた。)

サブツイート
画像ソース:https://www.shutterstock.com/g/jeremykramerdesign

five finger discount

意味:
【指五本分の割引】
盗みの意味のスラング。

発音:
ファイヴ フィンガー ディスカウント

例:
A: How much did that watch cost you?(その時計いくらしたんだよ?)
B: I got it for a five finger discount.(片手だけで足りる程度さ。)

five finger discount
画像ソース:giphy.com

dab / dabbing

意味:
1. the dab(dabbin’とも)と言えばヒップホップのダンスで、片腕を挙げながら頭を同時に落とし、肘の内側で顔を保持するようなもののこと。ダブ・ダンス。もともとはアトランタのヒップホップシーンが発祥。
例: Mike started doing the dab at the club last night.(昨夜、マイクはクラブでダブ・ダンスを披露した。)
dab

2. dabbingは、マリファナの新しい使い方。ブタンガスを用いた抽出方法により作られたマリファナの、濃度の高い気体を吸い込むこと。この方法はBHOとも呼ばれ、よりTHCの濃度が高くなることから一般的なマリファナの吸い方よりも効果が高いとされる。
例: We wanted to get really high so after snorting some ice, we started dabbing.ハイな気分になりたかったので、覚醒剤を吸ったあとでダブった。
dabbing

発音:
ダァブ

画像ソース:giphy.com, tumblr.com

throw shade

意味:
【ぼろくそ言う】
他人についてなんとなく酷く言ったり、睨んだり、侮辱したりすること。 第三者的には、主語の人間を非難する気持ちが強い傾向にある。黒人やラテン系のゲイたちのコミュニティで用いられていたが、1990年代に一般化した。
(※throw shadeは直接的に人を悪く言うのでなく、なんとなく、曖昧に人をディすること。言葉を発しなくても、例えば人を上から目線で見た時、なんとなくディすった時もthrow shadeという。)

発音:
スロゥ シュエイド

例:
Tony’s ex-girlfriend threw me shade at the club last night.(昨日はクラブで、トニーの元カノになんとなくディすられたよ。)

下記の写真はSophia LorenがJayne Mansfieldに「throw shade」をしているということで有名。

throw shade
画像ソース:thewrap.com

swerve

意味:
【それる、やめる】
swerveの普通の意味は、「突然に方向を変える、あるいはその要因になる」という意味だが、スラングとしては「要求を突っぱねる、または”失せろ”といったことを言う」の意味がある。例としては以下。

A: Hey, can I borrow ten bucks?(よぉ、10ドル貸してくれねぇ?)
B: SWERVE! You still owe me 200 bitch!(バカ言え! お前にはもう200の貸しがあるだろうが!)

発音:
スヴェルヴ

Kanye WestのMercyという曲の歌詞に由来する用法で、避けたい事柄への反応として一般的に会話に現れる言葉である。
Kanye WestのMercyは下記。