faded

意味:
【ハイである】
マリファナなどを吸ってハイになったり、酩酊したりしている状態のこと。アメリカ西海岸で元々用いられていた言葉。

発音:
フェイデヅ

例:
Yo G, I’m so faded and I don’t give a damn.(よぉ、G。今は気分がいいからな、勘弁してやるよ。)

faded
画像ソース:weheartit.com

下記はZHUの「Faded」という曲。

情報ソース(英語サイト):Urban Dictionary

floordrobe

意味:
wardrobe(衣装タンス)から来ているが、よりだらしない。服を脱ぎ散らかしているだけの状態のこと。chairdrobeといえば、椅子に服を重ねてかけているような状態。

発音:
フロードローブ

例:
I need to get ready for my date, better hurry up and pick up some clothes from my floordrobe.(デートの準備をしないといけないの! 急いでその辺に落ちてる服から適当に選んで!)

floordrobe
画像ソース:tumblr.com

情報ソース(英語サイト):Collins, bbc.co.uk

Fuck Her Right in the Pussy / FHRITP

意味:
“Fuck her right in the pussy!”と叫ぶことで、ニュース番組などに割り込む行為のこと。2014年にジョーン・ケインがYouTubeに投稿したいくつかのデマ動画が拡散したことで有名になった。FHRITPビデオと呼ばれるものは、”フレッドのビデオ”とも言われる。最初のデマ動画に出てきたキャラクターの名前がフレッドだったことからだったが、こうしたトレンドはあっという間に広まり、実生活でニュース番組のリポーターに入ろうとするような人に広く受け入れられた。

こうした中には、注目を集めるような出来事もある。例えば、2015年の5月10日、Toronto FC Major League のサッカー試合では、CITY-DT CityNewsのシャウナ・ハントというリポーターがこのフレーズで妨害された。ハントは近くの男たちにこのフレーズについて「どういう意味か」と訊ね、それを男たちが面白がったのである。この一連の流れはあっという間に広まった。この出来事に続いて、ハントと接した男のうちの1人が公益事業会社の高給取りの男であったことが判明し、会社の規則に則り、不適切な行為をしたとして会社から解雇された。

発音:
ファック ファ ライト イン ザ プセィ

例:
News Reporter: The incident happened right here behind me on 112th street.(記者:「事件があったのは、112ストリート、私のすぐ後ろで」)
Fred: Fuck Her Right in the Pussy!!!(フレッド:「Fuck Her Right in The pussy!!!!」)

情報ソース(英語サイト):Wikipedia

fame whore

意味:
【性的に注目を浴びようとする人、かまってちゃん】
自分にスポットライトが当たっていないと気がすまなくて、その為にどんな恥ずかしいことや品位を落とすようなこともいとわないような人。
実際にテレビに出たり、プライベートのセックス動画を流出させたりすることが含まれる。
attention whoreに似ている。

発音:
フェイム ホア

例:
Miley Cyrus always does something sexy on camera, she’s such a fame whore.(マイリー・サイラスはいつも性的なことをカメラにむかってやっている。彼女はかまってちゃんなのだ。)

fame whore
画像ソース:tumblr.com
情報ソース(英語サイト):Urban Dictionary

friends with benefits

意味:
【セフレ】
お互いに恋愛感情はないものの、性的関係がある人のこと。特に、この人と決めるでもなく恋愛に勤しむでもなく軽くセックスを楽しむような関係のこと。bed buddyやfuck buddyなどの単語もある。また、FWBもしくは#fwbなどの略語やハッシュタグも存在する。
friends with benefits

発音:
フレンズ ヴィス ベネフィッツ

例:
Katie just wants to have sex and hang out, we’re friends with benefits.(ケイティとはセックスするだけの関係で、セフレ仲間って感じ。)

画像ソース:buzzfeed.com

fauxhawk

意味:
【ホヒカン/モヒカンっぽい髪型/ベッカムヘアー】
真ん中に髪を寄せて、モヒカンでないがモヒカンのように見せること。Fauxとは、本物ではない、ということ。実際のモヒカンは、頭の両サイドを反って、真ん中の髪は逆立てなければいけない。

発音:
フォゥホォク

例:
David Beckham had a nice fauxhawk.(デビッド・ベッカムのモヒカン風ヘアスタイルはイケている。)

fauxhawk
画像ソース:behairstyles.com

情報ソース(英語サイト):Oxford Dictionaries

fuck

意味:
【ファック】
f-wordとしても知られる、おそらく最も多くの用法がある英単語。

例えば、セックスに関することで使うことができる。
動詞として使う場合は、「セックスをする」や「(姦淫を)犯す」という意味
(例: I fucked my girlfriend.(彼女とセックスした))。
名詞として使う場合は、「セックス」そのもののこと
That was a hard fuck.(あれは激しいセックスだった))。
また、fuckableと言えば、「魅力的とは思わないが、まぁ一発ヤるくらいは構わないか」という程度を指す形容詞になる。

また、様々な感情表現(例:怒り、感動、悲しみ、混乱、気持ち良さ、がっかり、疲れ、恐怖、驚き、など)として使うことができる。日本語でいう「ヤバい」や「クソ」のように様々な感情に使えるのでクソヤバい。
fuck!

その他のfuck用法としては以下。

1. 形容詞として、例えば I’m fuckedの形で「私は困っている」の意味。

2. けなし言葉でもある。 Fuck you! などはこれ。
fuck you!

3. 「気にしている」の意味として、give a fuckもある。大抵は否定文で用いて、 I don’t give a fuck.で「知った事か」の意味。

4. 動詞として、がっかりさせる、気にしない、無視する、諦めるなどの意味。大体、 Fuck it.や Fuck that.の形で使う。

5. 動詞として、fuck upで、失敗する、めちゃくちゃにする、ぶっこわすなどの意味(例: I fucked up「オレ、失敗した」、 He fucked up my PC「彼がオレのパソコンぶっ壊した」)。

6. fuck offと言えば、けなし言葉的に、「失せろ!」の意味。

7. 混乱を表すこともある。 what the fuck? なら、「なんだってんだ一体」の意味(WTFやWTF?!などと略されることが多い)。
what the fuck?!

8. veryやextremely(とても)の変わりに、fuckingを用いることもある。(例: He’s fucking crazy「彼はとてもクレイジーだ」)

9. 名詞として、嫌いな人を表すのにも使う。その場合はfuckerという。強調して motherfuckerともいう。

10. 「かまう」や「ちょっかいを出す」を表すこともある。 Don’t fuck with me.と言えば、「じゃますんな」の意味。

11. 名詞として、バカを表すこともある。 You stupid fuck.と言えば、「お前は本当に底抜けのバカだな」の意味。

12. 感情が乗っていることを表すためにfuckingで名詞を修飾することもできる。 That fucking bitch at the mall was fucking beautiful.と言えば、bitchとbeautifulを強調した言い方。「モールで見かけたヤバいビッチいたじゃん、あれヤバい美人だったよな」

13. 意味を強調したりインパクトを与えたりするために、言葉の一部になったりすることもある。
absofuckinglutelyと言えば、absolutelyとfuckの合成語。
Shut up(黙れ)を強調するには shut the fuck upと言う。
shut the fuck up

14. fucktardといえば、超バカな上に害悪なやつ。fucking retardの合成語。
例: I’m pissed ‘cause that Canadian guy called me a “fucktard”!(あのカナダ人がオレのことクソ馬鹿とか言ったのには頭にくる。)

15. I got fuckedといえば、「やられた」の意味。例えば I got fucked at the fucking casino yesterday.(昨日はカジノでヤバい目にあった。)

16. To fuck someone overと言えば、その人物を不公平に扱ったり、辱めたりするようなこと。同じ意味だが少しだけ過激さを落とした言い方として、screw someone overもある。
例: I got fucked over at the used car dealership.(あの中古車ディーラー、俺をさんざんコケにしてくれやがった!)

17. get the fuck outta hereといえば、「うっそ~!?, まじでぇ?!」、「うるせ~」、「出てけよ!」の意味となる。その使用例は下記。

18. To fuck aroundには2つの意味がある。
① どうでも良いようなことに時間を費やすこと。
例: My boss caught me fucking around at work yesterday.(昨日、上司に仕事でサボってるのバレた。)
② 複数の性交渉の相手を持つこと。同じ意味で過激さを落とした言い方として“to fool around”もある。
例: John was really depressed when he found out Jennifer was fucking around with all the guys from the football team.(ジョンは、ジェニファーがフットボールチーム全員と寝ていたことが分かってマジでがっくりきてた。)

発音:
ファク

画像ソース:giphy.com

FOB

意味:
【FOB、新規のアジア系移民】
注意)差別的用語である。
fresh off the boatの略で、最近になって移民したアジア系の人のこと。たいていそういう人は英語に堪能でなく、ファッションもアジアンスタイルで、アジア系の友達とつるんでいる。
FOBのギャングスターは、Fobster(gangsta + fob)と呼ばれることもある。
アジア人であることに誇りを持つFOBは、FOBはFabulous Oriental Being(素晴らしき東洋人)の略であると言ったりするかもしれない。
その他、フィリピンからの移民はPOBと呼ぶこともある。

発音:
フォブ

例:
That new FOB in our class is a nice guy, but he smells like dim sum and I have no idea what he’s saying.(うちのクラスにやってきた新規のアジア系移民は良い奴だが、臭いはいかにも中国って感じだし何を言ってるんだかさっぱりわからん。)

下記はアメリカのABCテレビのFresh Off the Boatというコメディ番組の予告編

fularious

意味:
【クソワロ】
funnyとhilariousか或いはfuckingとhilariousの合成語で、hilariousの強調語。超面白い。腹抱えて笑う。

発音:
フュレリエス

例:
ZOMG! That joke was fularious!(ちょwwww さっきのクソワロタwwww)

fularious
画像ソース:giphy.com

420

意味:
大麻に関することで、気分がアガっていることに関して広く用いられる語。気分が向上する記念日、または大麻それ自体を指すこともある。

発音:
フォートゥエンティ

例:
Hey, its four twenty, time to get high.(よぉ、そろそろ420だ。ハイになる時間だぜ。)

備考:
この言葉がどのように生まれたかについては、以下の様に様々な仮説がある。

最も多く信じられている仮説:
1970年代の始め、ある十代の若者達の集まりが自分達をカリフォルニアのサン・ラファエル高校のWaldosと名乗り、毎日、ルイス・パスツール像の下で午後4時20分に大麻を吸ってハイになっていた。仲間内にだけ通じる言葉を作るため、その時間を420という暗号で言い表した。

その他の仮説:
420番道路
1960年代、カナダのオンタリオ州にて、マリファナ(大麻)が、ある道路で生い茂っていた。この道路が1972年に、Highway 420とされた。

4月20日
4月20日は、(おそらくは)偶然にもアドルフ・ヒトラーの誕生日である(年は1889年)。また、コロンバイン高校銃乱射事件もまた、1999年の同日に起こっている。

その他、様々な説がある。例えば、マリファナの活性化学物質は420個ある、など。

420
画像ソース:mytinyphone.com 

この数字はポピュラーなカルチャーやメインストリームとされるもの、場所などで、密かにそこに存在するのが見られることが多い。つまり、例えば、Pulp Fictionという映画では、全ての時計が4:20に設定されている。2003年には、カリフォルニアの議会にてマリファナの医療利用の成文化が認められた際、その法案はSB420と名付けられた。

また、この数字はCraig’s List(ウェブ上の求人や不動産の広告サイト)の投稿にも見られる。”420が好きな”ルームメイトを募集中、といったような具合である。