shit

意味:
Shitは英語における侮辱語や非俗語として代表的なもので、色々な意味や用法がある。基本的なshitの意味は、「クソ」である。
例: I just took a big shit.(でけぇクソが出た。)

shit

その他の意味や用法については以下にまとめる。

holy shit

“shit!”や”holy shit”は、驚きや畏敬の念などを表すのに用いられる。
例: Shit! I dropped my phone in the toilet!(クソ! 電話をトイレに落としちまった!)
例: Holy shit! That car in front of us exploded!(なんてこった! 前の車が爆発したぞ!)

holy shit

the shit

shitとthe shitの間には大きな違いがある。the shitであるとは、それが最高のものであるということ。
例: The new iPhone is the shit!(新しいiPhoneは最高だぜ!)

何かがshitであるということ(theが付かない場合)は、それが最悪ということ。
例: The new iPhone is shit.(新しいiPhoneがクソ。)

shitty

shittyという形にすれば形容詞になり、「悪い」という意味合いになる。
例: The new iPhone is so shitty.(新しいiPhoneがマジクソ。)

ものを意味するshit

stuffやthingsといったようなものの代わりに用いる場合は、良い意味合いも悪い意味合いもない。
例: My closet is full, I have to sell some of my shit.(クロゼットが一杯だ。ちょっとものを売らないとな。)

人を意味するshit

shitは人を表すのに用いられることもある。例えば、非常にラッキーな人は lucky shitと言われるし、理解が遅い人のことを stupid shitと言うこともある。その他、狂った人を crazy shitなど。

shit for brains

have shit for brainsとは、「非常にバカ」ということ。直訳では「脳みその代わりにクソが詰まっている」。
例: He doesn’t understand that complicated shit, he has shit for brains.(あいつはそんな風にややこしいのは理解できないぜ。あいつノータリンなんだ。)

scare the shit out of

何かが恐ろしいとか驚くようなものであるとき、それを主語にして”scare the shit out of you”と言える。out ofの部分は、綴り・発音共にouttaとなる傾向にある。直訳では「驚かせてクソを漏らさせる」。
例: The ghost at the end of the haunted house scared the shit outta me.(お化け屋敷で幽霊を見たときは脱糞ものだったね。)

beat the shit out of

圧勝することなどを、beat the shit out of A(Aは圧勝した相手)という。直訳で「打ちのめしてしてAの内容物(クソなど)をはき出させる」。
例: Mike Tyson beat the shit out of him in ten seconds.(マイク・タイソンはものの10秒で相手をぼこぼこにした。)

shit out of luck

be shit out of luckと言えば、運や望みがないこと。ある人物が必要としているものが叶わない時に使う。
例: You’re shit outta luck, the last train just left five minutes ago.(ついてねぇな。最終電車は5分前に行っちまったぜ。)

get shit-faced

get shit-facedと言えば、酷く酔っ払うこと。
例: Hey, it’s Friday, I just got paid, lets go and get shitfaced.(おい、今日は金曜日だぜ。給料も入ったし酔っ払いに繰り出そうぜ。)

get your shit together

get your shit togetherと言えば、何かをまとめ上げること。考えをまとめる、準備を整える、といった意味。ここでのクソはstuffやthing程度の意味。
例: Your room is so messy it looks like a bomb exploded in here, get your shit together.(部屋散らかりすぎだろ、爆発でもあったのかよ。片付けておけよ。)

eat shit

侮辱語として、「eat shit」と言うことができる。日本語の「クソ食らえ」と同義。
例: Eat shit and die you asshole!(くたばって死ねクズ野郎!)

eat shitは、酷い落ち方、転倒をするときにも用いられる。特にスケートボードやマウンテンバイク、スキーなどのスポーツで用いられる。
例: Michael ate shit at that last sharp turn, good thing he was wearing his helmet.(マイケルは最後の急ターンで派手に転倒した。ヘルメットをしていたのが幸いだ。)

bull shit

bull shit(bullやBSとして短縮形になることが多い)と言えば、不信感を表す表現。
例:You’re telling me that this coat costs five thousand dollars? Bull shit!(このコートが5千ドルもするって? ふざけろ。)

bullshitは動詞として用いることもでき、その場合は「嘘をつく」や「大げさに言う」の意味。
例: Don’t tell me this coat cost five thousand dollars, you’re bullshitting.(このコートが5千ドルもするわけないだろ、ほら吹きやがって。)

horse shit

horse shitと言えばbullshitのようなもので、不信感を表す表現。
例: I can’t believe the Jets lost the game, pure horse shit!(ジェッツが試合に負けたなんて信じられない。真っ赤な嘘に決まっている。)

horse shit

a load of shit

a load of shitも不信感を表す表現。
例: What?! You’re dumping me for my best friend?! What a load of shit!(は? 俺じゃ無くて俺の親友と付き合うっての? 嘘だろ勘弁してくれ。)

full of shit

誰かがfull of shitだと言えば、その人物は嘘をついているか大げさに言っているという意味。
例: You’re saying you had sex with three different girls last night? And they were all models? You’re so full of shit.(昨日の晩に3人の違う女の子たちとヤったっての? んで、全員モデルだったって? とんだ嘘つき野郎だぜ。)

to shit someone

動詞でshit someoneと言えば、嘘をついたり大げさに言ったりすること。
例: You made 3 Gs at the casino last night?? You’re shitting me!(昨日の晩にカジノで大当たりしたって? 俺を担ごうとしてんだろ!)

“I shit you not”というフレーズは、嘘でも大げさでもないということを言うために使うもの。
例: I shit you not! I won 3 Gs at the casino last night.(嘘じゃねぇって! 昨日の夜マジでカジノで大当たりしたんだよ!)

no shit

no shitは、自明のこと、明らかなことを言った人に対して用いられる表現。皮肉っぽく、侮辱的な意味合いを含めることもある。「わかりきったことを言うな」的意味。
例:
A: It’s raining outside.(外では雨が降ってますね。)
B: No shit!(せやな。)

no shitについては、 no shit Sherlockといったバリエーションがよく用いられる。そんなことシャーロックホームズじゃなくても分かるくらい当たり前のことだぜ、の意味。 no shit captain obviousという表現もある。

know your shit

know one’s shitと言えば、特定のことについて知り尽くしているという意味。
例: Kevin has been studying computers for ten years now, he knows his shit.(ケビンはコンピュータについて10年も勉強しているので、その道の専門家だ。)

piece of shit

他人を侮辱する際、その人のことをpiece of shitと言う。
例: He stole my lighter that piece of shit.(あいつ俺のライターを盗みやがった。クソ野郎め。)

piece of shitは、壊れやすいもの、あるいは単に良くないような”もの”にも用いることができる。
例: That new truck I bought broke down in two weeks, what a piece of shit.(新しく買ったトラックは2週間で駄目になっちまった。マジでゴミだった。)

chicken shit

chicken shitと言えば臆病者、あるいは意気地なしのことで、すぐに怖がるような人のこと。
例: Kevin didn’t want to jump over the fence ’cause he’s a little chicken shit.(ケビンはフェンスを跳び越えたりしないぜ。あいつはとんだチキン野郎だからな。)

talk shit

動詞でtalk shitと言えば、侮辱すること、あるいは誰かについて無礼な意味合いをもつことを口にすること。往々にして陰口。
例: I heard that Jason was talking shit about me behind my back.(ジェイソンが俺について良からぬことを吹聴して回ってるとかなんとか聞いたんだが。)

give someone shit

give someone shitと言えば、注意したり叱ったりすること。
例: My mom gave me shit about not doing my homework.(宿題をやってなかったんでママに小言を言われた。)

take shit

take shitと言えば、誰かから酷い扱いを受けること。普通、否定形で用いられる。
例: I don’t take shit from nobody.(オレは誰もから酷い扱いを受け付けない。)

give a shit

give a shitと言えば、「気にする」こと。これも”I don’t give a shit.(知ったことか)”のように否定形で用いられる。

tired of someone’s shit

be tired of someone’s shitと言えば、その人物にうんざりしていること。
例: I’m getting really tired of your shit”.(お前にはほとほと愛想が尽きた。)

in deep shit

be in deep shitと言えば、非常に困っていること。直訳で「クソに大ハマりしている」。
例: I knew we were in deep shit when the school principal caught us smoking weed.(校長にヤクを吸っているところを見られたとき、やばいことになったことは分かった。)

shitload

shitloadと言えば、大量のもののこと。
例: We have a shitload of work ahead of us so lets get started.(やるべき仕事はそびえ立つクソのようにある。さっさと始めよう。)

you ain’t shit

誰かに”you ain’t shit”と言えば、その人物が取るに足らない人物、または負け犬であるということを言っていることになる。”you ain’t shit”という表現は黒人英語である。
e.g. Why you trippin’ boy, you ain’t shit.(戯言も大概にしなガキ。てめぇは偉くもなんともねぇんだよ。)

feel like shit

feel like shitと言えば、気分が悪い、体調が悪いということ。
例: I feel like shit from chugging that bottle of vodka.(そのウォッカの瓶を一気飲みしてから気分が悪い。)

shit happens

“shit happens”とは、人生というのは予測できないことに満ちているなぁ、ということを言っているフレーズ。特に理由が無くても悪いことが起こるときは起こる、ということ。
例: It usually happens when you least expect it, but shit happens.(まさかと思っているとき、それは起こったりするもんだ。クソみたいな人生さ。)

shit’s gonna hit the fan

“shit’s gonna hit the fan”と言えば、状況が良くない状況になっているとか、コントロールが利かなくなりつつあるということ。
例: When your wife finds out that you’re cheating on her, shit’s gonna hot the fan.(浮気しているのがお宅の妻にばれたら地獄絵図だぜ。)

画像ソース:

subtweet

意味:
【空リプ】
ツイッターでの、直接的にメンションを飛ばしてはいないものの特定の人物に言及しているツイート。間接的にからかったり、批判したりしたものが多い。subliminalとtweetの合成語。

発音:
サブトゥイート

例:
Naomi didn’t include Kenji’s twitter handle when she tweeted about how stingy he is, but he ended up seeing the subtweet anyway.(ナオミは、ケンジがとてもケチであるということをツイートするときに@マークをつけなかったが、結局その空リプはケンジにばれた。)

サブツイート
画像ソース:https://www.shutterstock.com/g/jeremykramerdesign

swerve

意味:
【それる、やめる】
swerveの普通の意味は、「突然に方向を変える、あるいはその要因になる」という意味だが、スラングとしては「要求を突っぱねる、または”失せろ”といったことを言う」の意味がある。例としては以下。

A: Hey, can I borrow ten bucks?(よぉ、10ドル貸してくれねぇ?)
B: SWERVE! You still owe me 200 bitch!(バカ言え! お前にはもう200の貸しがあるだろうが!)

発音:
スヴェルヴ

Kanye WestのMercyという曲の歌詞に由来する用法で、避けたい事柄への反応として一般的に会話に現れる言葉である。
Kanye WestのMercyは下記。

squad

意味:
共通のアイデンティティと団結力を有する非公式の集まりのこと。ソーシャルメディアの写真などで、大抵仲間の写真と共にハッシュタグとして用いられる。

“squad goal”と言えば、自分が属するグループや仲間たちと共になりたい理想像や達成したい目標のこと。これもハッシュタグとして用いられ、この場合は文章が伴うこともあるし、写真のこともある。

また、動詞として用いることもある。“You can’t squad with us”と言えば、「お前は仲間じゃねぇ」の意味。

仲間たちをみんな連れてくることを”squad deep”と言ったりもする。“We be comin’ in squad deep!”と言えば、「ダチみんなで行くから!」ということ。

発音:
スクォード

例:
Taylor Swift has a squad of models and actresses that follow her around.(テイラー・スウィフトはモデルや女優の仲間に囲まれている。)

slay

意味:
通常は殺すことや全滅させることを意味するが、スラング的には以下のことを意味する。

1. 一世を風靡し、成功を収めること。例: Kendrick’s new album slayed.(ケンドリックのニューアルバムは一世を風靡した。)

2. セックスすること。例: I was slaying that girl all night.(その女と夜通しヤりまくったぜ。)

3. 笑い、愛などが良い意味で度を超すこと。例: The comedian slayed the audience.(そのコメディアンは聴衆を爆笑の渦に巻き込んだ。)

slay-laugh

発音:
スレイ

画像ソース:independent.co.uk

schlick

意味:
【クチュクチュ、(女性が)自慰をする】
女性のマスターベーションを表すオノマトペ的スラング。男性のそれは”fap“で表される。Tumblrなどのサイトにマスターベーションする女性を表現した画像にschlickingやschlickというハッシュタグをつけることがある。

発音:
シュリック

例:
I can hear my sister schlicking in the other room.(姉が別の部屋でオナってるのが聞こえる。)

schlick
画像ソース:giphy.com

snatch / snatched

意味:

snatch:

1. 動詞:ひったくること。乱暴に取ること。何かを盗む場合もある。#snachedという具合のハッシュタグは、かつらが頭から飛ばされているようなGIF画像と一緒によく投稿される。
例: Nicky snatched the wig off her head.(ニッキーは彼女の頭からかつらを乱暴に外した。)
snatch

2. 名詞:スラングでヴァギナのこと。
例: That bitch has a really dirty snatch.(あのビッチ、マジでアソコがきたねぇでやんの。)
snatch

3. 何かを持ち上げるような動作で、一気に頭の上まで持ち上げるような動き。動詞でも、名詞でも使う。
例: Arnold can do a 100 kg snatch easily.(アーノルドは100キロものスナッチを簡単にやってのける。)
power snatch

snatched:

見た目が非常に良いこと。例えば、眉毛や装備など、またはスタイルが良いこと(fleekと意味は似ている)。主にゲイのコミュニティにおいて用いられる。
例えば引き締まった身体の男の写真に、ハッシュタグ(#snatched)として用いられることもある。
snatched

発音:
スナッチュ

画像ソース:giphy.com

spit take

意味:
【吹き出すこと】
名詞。お笑いの技法として用いられる。何かを飲んでいるときに、おかしいことや驚くことがあってそれを吹き出すような行為のこと。この文脈においては、takeという言葉はtaking in information(情報を吸収する)の意味合いで用いられている。spitは通常、大げさな動作として行われ、大きな音や水しぶきを上げながら口からそれを吹き出す。

発音:
スピッテイク

例:
George did a spit-take after Elaine told him she was pregnant.(イレインが妊娠したことをジョージに告げると、ジョージは口から吹き出した。)

spit take
画像ソース:reddit.com

schwifty

意味:
1. Rick and Mortyというアメリカのアニメで用いられていた表現で、あるエピソードでRickというキャラクターが歌の中で言及していた。床にクソをする、の意味(下記動画参照)。

2. Schfifty Fiveと言えば、バイラルビデオのGroup Xにて用いられる用語で、55のこと(下記動画参照)。

発音:
シュウィフティ

例:
Take off your pants and panties, its time to get schwifty.(ズボンを脱げ、パンツもな。クソの時間だぜ。)

shirtcocking

意味:
動詞。バーニング・マン(ネバダ州で行われる祭典)に由来すると思われる言葉で、文字通りシャツ一枚しか着ていなくて下半身を露出していること。主に男性に用いられ、ここでいうcockはペニスを指す。#shirtcockingというハッシュタグも存在する。

発音:
シャートコォキン

例:
I saw a lot of guys shirtcocking at the Burning Man last year.(去年のバーニング・マンでは、シャツ一枚で丸出しの男を沢山見た。)

shirtcocking
画像ソース:tumblr.com

情報ソース(英語サイト):Urban Dictionary, Kit