smh

意味:
【やれやれだぜ】
shake my head又はshaking my headの頭字語。失望や不信などを表すのに用いられる。時に、smfhやsmmfh(shake my fucking head / shake my mother fucking head)などとなることもあるが、これはダーティな言葉遣いを好むものが居るため。

発音:
エス エム エイチ

例:
A: So did you end up getting any from Michelle after the prom last night?(んで、結局昨日のプロムのあとでミシェルとはなんかあったのか?)
B: No, I got cock blocked by her fat friend.(いや、彼女の”お目付け役”に邪魔されたよ。)
A: smh(やれやれだぜ。)

smh
画像ソース:giphy.com

shots fired

意味:
【会心の一撃】
他人をけなすときに、非常に効果的に傷つくやり方をしたようなときのことで、傷つけられた側がそれに対して迎合するような意味合いを含む。元々は警察の用語で銃撃戦が発生したことを示す言葉だった。ハッシュタグで#shotsfiredと言えば、傷つけるような内容の文章や、「お前の母ちゃんはXX」といったようなジョークを表すような写真によく見られる。

発音:
ショツ ファイアド

例:
A: I teabagged your mom last night. (昨日の晩、お前の母ちゃんにキンタマ当ててやったぜ!)
B: Wow, shots fired!!(おいおい、そいつは酷い!)

下記の動画では女性が「bitcoins」と言ったことに対して、男性が「bitchcoins?」と聞き返すことにより、彼女をバカにするため、#shotsfired(ビッチコインと聞き返すことにより、彼女を間接的にビッチと呼ぶことになる)。

smellucination

意味:
【空鼻】
無いものの匂いがすること。smell(匂い)とhallucination(幻覚)の合成語。to smellucinateという形で動詞もある。

発音:
スメルゥスィネーション

例:
A: I smell weed yo.
B: We’re at the airport buddy, must be a smellucination.
A:なんかヤクの匂いしねぇ?
B:ここは空港だぜ? 空鼻だろ。

smellucination
画像ソース:giphy.com

swag

意味:
【スワッグ・イカスこと】
元々はスカンジナビア、ノルウェーの言葉で、大きく揺れる、の意味だが、現代では語源であるswagger(非常に自信があり、横暴だったりアグレッシブだったりといった態度をとること)に関連して、「自分自身を持っていること、自分のスタイルを持っていること、自信があること」を表す。服装もこうした要素に含まれる他、都会のヒップホップ的服装(大体は派手な色使いの服)をイメージさせる。

発音:
スワァグ

例:
Justin Bieber has so much swag I think I’m gonna pee myself.(ジャスティン・ビーバーはマジでサイコーにクールだよな、おしっこチビッちゃいそうだぜ!)

備考:
この言葉は若い人々によって使われることが多く、特にインターネット界隈にて反感を買うことが多い。”Secretly We Are Gay”(私たちはホントはホモだ)などは、この言葉を使う人々を揶揄するのに生み出された逆生成された頭字語。

ジャスティン・ビーバーswag
画像ソース:mtv.com

下記はラッパーWiz KhalifaとDrakeの「Swag So Official」という曲。

side text

意味:
【「横から失礼します」、ネットで横槍を入れる】
ソーシャルメディアでコメントをしている際に、コメント欄にいるメンバーから「それは違うよ」だとか、「さっきのはこういうこと」といったような追加情報を個人的なテキストメッセージで送られること。

発音:
サイド テックスト

例:
Naomi sent me a side-text when we were posting comments on Jason’s status update.(ジェイソンのステータスが更新されたことについて何人かでコメントをしていたところ、ナオミが個人的なメッセージで攻撃してきた。)

side text
画像ソース:nyulocal.com

steez / steeze

意味:
やり方、スタンス。styleとeaseの合成語で、主にスノーボーダーやスケートボーダーが、美しくそれでいて軽やかに決まったトリックについて言うときに使う。形容詞として「steezy」と用いられることも多い。

発音:
スティーズ

例:
1. That guy has some mad steeze!(あいつの真似はあいつにしかできねぇな。)
2. Quit messin’ up my steez man!(俺のやり方を邪魔するのはやめろ!)
上記例文の発音は下記動画にてご確認下さい。

steez(イメージ)
画像ソース:thelostworld.co

six four / six-fo’

意味:
【64、シックス・フォー】
1964年のシボレー・インパラのこと。今でこそインパラのローライダーはクロムメッキされたワイヤーで縁取られたホイールや精密なペイントデザイン、スイッチやポンプで作動する油圧リフトなどで愛されているが、コンプトンのラッパーであるEazy-Eがその曲の中で触れるまでは人気があるものではなかった。ヒップホップが90年代に時代の波に乗るにつれて、特に1964年のシボレー・インパラは有名になった。

発音:
スィックス フォー

例:
I’m finna roll down to the party in my six-fo’.
俺の愛車、シックス・フォーでパーティに向かうぜ。

シックス・フォー
画像ソース:twicsy.com

下記はラッパーグループNWAの「Boyz-N-The-Hood」という曲。
Easy Eの「Cruisin’ down the street in my ’64」というセリフは北米の若者なら誰でも知っている。

screwnicorn

意味:
ペニスバンドを頭に装着し、四つん這いになって、パートナーに挿入すること。screw(セックスする)とunicorn(ユニコーン)の合成語。

発音:
スクリュニコーン

例:
Me and my girlfriend got bored last night so we decided to play screwnicorn.
昨日の夜なんだけど、私と彼女、退屈しちゃって。それで、頭にペニバンを着けてお互いに四つん這いになるやつ、試してみたの。
頭にペニバンを付けている人(screwnicorn)
画像ソース:elchiwawa.blogspot.com

smarxy

意味:
超セクシーでしかもめっちゃ頭がいい

発音:
スマクシー

例:
My English teacher in University was so smarxy.
僕の大学の英語の先生はめちゃくちゃ色っぽくて頭も超良かったんだぜ。

smarxy
画像ソース:people.desktopnexus.com

struggle bus

意味:
【混雑しているバス】
1. 簡単な仕事のはずなのに繰り返し苦労してしまうようなことを指すメタファー。例えば、家の車の鍵を探していたら実は手に持っていて、なるほど良かったと思って車に乗ったは良いものの、降りるときに車の中に鍵を忘れてしまって閉めだされる、などといったようなこと。
2. 概して困難な状況を説明する際に使われる。

発音:
ストラグル バス

例:
Factory workers are riding the struggle bus after that last cut in wages.
前回の賃金のカットにより、工場の作業員達は色々と困難な状況にある。

struggle busのイメージ
画像ソース:thechivery.chaozhide.com