Netflix and chill

意味:
【ヤり目的で自宅に招くこと】
性的な目的で家に”誘う”ことを意味するスラング。booty callと似ている。こちらもNetflixでもみてのんびりすることを意味するが、Netflixをかけながらセックスをするために家に”行く”ことを意味する。このフレーズは、ソーシャルメディアでハッシュタグと共に用いられる。

netflix-chill-condom

このフレーズは、元々はInstagramやTumblr、Vineへと移動する前に、Black Twitter(アメリカ系黒人のツイッターユーザーに用いていた)に由来するようである。

netflix-and-chill

2014年には人気となり、多くのユーザーが用いるようになり、多くのミームが生まれた。“I thought you said Netflix and Chill!”「Netflixをみてのんびりすると言ってなかったっけ?」や、“20 Minutes into Netflix and Chill”. 「Netflixの映画に20分入ったら。。」は代表例である。

2015年になり、Netflixは”Netflix Switch”を発表した。これは、スマートTVや当社のアプリを操作できるマイクロコントローラである。それぞれをつなげて設定することで、部屋を暗くして連携したスマホの音量を下げ、Netflixを快適に視聴できるようにするものだ。これを「Netflix and chill button」などと紹介したサイト(EngadgetやGizmodo)が出てきた。

発音:
ネットフリックス エン チル

例:
A: You wanna come over for Netflix and Chill?(どう、うちでちょっと、Netflixでも。)
B: Sure, I’ll pick up the condoms.(いいよ、コンドーム買ってくる。)

コメント: