wo / woe

意味:
【ウー・仲間・ダチ】
その語源はWoadie(wodie)に遡り、更にそれはWardieからなる。Wardieはニューオリンズの新区画に住んでいる人々を表す言葉。これ自体は、仲間、友達、親友などを想起させる言葉でもある。
カナダのラッパーであるDrakeが”Know yourself”の歌詞でもちいたことで市民権を得た言葉で、歌詞の中で彼は”Runnin’ through the 6 with my woes”と歌っており、トロント(416はトロントの地区の市外局番であり、それを6と略してる)を仲間と一緒に闊歩する様子を示す。
「working on excellence(素晴らしいことに取り組む)」を意味するとする人もいる。

発音:
ウオ

例:
I’m glad my woes have stuck with me through the hard times.(ダチが辛い時にもそばに居てくれるってのは嬉しいもんだぜ。)

下記はDrakeの「Know yourself」

情報ソース(英語サイト):reddit

コメント: